Tap to close

奈良市で、野球肘、腰痛、肩の痛みなど、一般の症状も小波津式整体で施術可能な小波津スポーツメディカル整骨院。交通事故の患者様も来院しプロ野球、メジャーリーガーも全国から通う治療院。

電話バナーアクセスバナー

腰と股関節の痛み

施術前


※効果には個人差があります

施術後


※効果には個人差があります
野球肘改善

当院に来院される主な疾患名

※上記に記載されていない疾患でも対応できますので、一度ご相談ください。

腰痛

腰痛

奈良県奈良市にある小波津整体院(小波津スポーツメディカルラボ)では、
腰痛は最も多くの患者さんが訪れる症状です。
全国各地から腰の痛みに耐えられない方々が来院します。

腰痛とは?

日常生活の無理な姿勢や座りっぱなし、
立ちっぱなしなどの同じ姿勢が続くことが原因の一つであり、
また、中腰など無理な姿勢が骨盤のゆがみや、
腰回りの筋肉のはり、神経の流れの悪さを引き起こし腰の痛みとして現れます。

このような悩みはありませんか?

  • 慢性的(長年)に腰痛に悩んでいる
  • 仕事柄、腰に負担がきて痛いので何とかしてほしい方
  • 子供を抱っこしていて腰が痛い、または辛い方
  • 朝起きるときにキツイ
  • 重たいものをよく持つ
  • 立ち座りの際に腰が痛む
  • 動き始めが痛い
  • ぎっくり腰を起こしたことがある
腰痛
  • プロ野球選手、メジャーリーガーからも支持を受けた施術
  • 施術効果が高いため全国から予約が入ります
  • 無痛の施術なので体に負担をかけず改善する
  • 多数のメディア取材経験がある効果のでる施術
  • 10代のスポーツ選手から80代の症状まで対応可能

腰痛の施術内容

施術

小波津式筋無痛療法

小波津式神経筋無痛療法は、本来の動きができなくなった筋肉に対して、本人の意思が関係しない反射を使って正しい運動反射弓を創り出します。この運動反射弓というのは、滑らかな動きを創り出すために、種々の筋肉の機能を高めつつ、連動性と協調性を関節運動と関連させながら、その瞬間にある反射弓を構築して出来た反射弓のことを言います。
小波津式神経筋無痛療法で神経伝達が正常に回復されれば、当然筋肉は正常に働くことができ血流は改善され怪我や不調そして「痛み」は劇的に解消されます。さらに神経の伝達がスムーズに行われるように回復すると全体的な連動性も高まるので、パフォーマンスの向上にも繋がっていきます。

施術の流れ

STEP1
予約・ご来院
step1
予約制の為、
お電話もしくはメールにてご予約をお願いします。
STEP2
受付
step2
予約時間の10分前までにはご来店ください。
STEP3
問診票記入
step3
待合室にて問診票を記入してもらいます。
STEP4
問診
step4
問診をしながら体のチェックをしていきます。
STEP5
施術
step5
個人個人、症状に合わせた施術を行います。
STEP6
効果の確認
step6
施術効果の確認をして、今後のアドバイスを行います。
STEP7
お会計
step7
受付にてお会計をお願いします。
施術料金のご案内

腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰椎椎間板

腰椎椎間板ヘルニアとは?
幅広い年代で見られる疾患で、主に、スポーツや重労働で
腰に負担がかかり、腰椎椎間板の中の組織が飛び出し
神経を圧迫することで様々な症状を起こしてしまう疾患です。

腰~足まで痛みやシビレを訴えられる方が多い疾患で、
整形外科や病院等では手術を勧められる事もあります。

当院では、「手術しか痛みがなくなる方法はない」
「手術したけど痛みが改善しません」という方が、たくさん来院されますが、
同じ『腰椎椎間板ヘルニア』という診断であっても、
症状や原因は人それぞれ違いますので、その方に合った施術を行い、痛みを改善へ導きます。

椎間板ヘルニア改善

腰部 脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症

腰部 脊柱管狭窄症とは名前の通り
腰部で脊柱管(神経が通っているところ)が
狭窄して(狭くなって)神経を圧迫し、痛みやシビレが出る疾患です。

症状として、多く見られるのが数メートル歩くと痛みやシビレが出るが
休憩するとまた歩く事ができるというのが特徴的な症状です。(間欠性跛行)

腰部 脊柱管狭窄症は完治するのが非常に困難とも言われており、
整形外科や病院等では手術を勧められる事もあります。

当院では、同じ、『腰部 脊柱管狭窄症』という診断でも、
症状や原因は人それぞれ違いますので、その方に合った施術を行い、 痛みを改善へ導きます。

数多くの脊柱管狭窄症の改善例の中から、
『来院された状態から施術終了まで』を、できるだけわかりやすく
ブログに掲載していますので、よろしければ、ご参考にして頂ければと思います。

脊柱管狭窄症改善

ぎっくり腰(急性腰痛症)とは?

ぎっくり腰

ぎっくり腰とは別名、急性腰痛症とも呼ばれており
発症する原因はさまざまで、特徴としては、
突然、激痛に襲われ身動きが取れなくなったりすることが多いと思われます。

身動きが取れないという事は、
筋肉が本来持つ役割(関節を動かす)が損なわれていると考え、
当院では、本来の動きができなくなった筋肉に対して、施術をします。

筋肉が正常に働くことができれば、 本来、持つ役割(関節を動かす)を取り戻し、
血流は改善され、 怪我や不調そして「痛み」は劇的に解消されます。

腰 疲労骨折(分離症)とは?

疲労骨折

疲労骨折(分離症)とは、一度の衝撃で骨が折れるのではなく、
何回も同じところに衝撃が加わることで骨に亀裂が入ってしまう骨折です。

本来は、骨や関節に負担がかからないように筋肉が守ってくれているのですが、
何らかの原因で筋肉が働けない状態になり、
骨に負担がかかることで疲労骨折が起こりやすくなっていると考えられます。

小波津式神経筋無痛療法は、神経の特性を利用して、
本来の動きができなくなった筋肉に対して、施術をします。
筋肉が正常に働くことができれば、 本来、持つ役割(骨を守る)を取り戻し、
血流は改善され、 怪我や不調そして「痛み」は劇的に解消されます。

※血流が良くなることにより、骨の早期修復の効果も期待できます。

疲労骨折

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛

一般的には坐骨神経痛とは、病名ではなく、
坐骨神経が圧迫されることによって生じる神経痛を総称して坐骨神経痛と言います。

主に、体を動かした時に(筋肉が働いた時) おしり~ふくらはぎに症状が出ることが多く、
重症の場合では直立することもできないなどの状態になることもあります。

体を動かした時に(筋肉が働いた時)痛みが出ているという事は、
筋肉が本来持つ役割(関節を動かす)が出来ない状態になっており、
痛みやシビレが出ていると考えられます。

当院では、神経の特性を利用して、 本来の動きができなくなった筋肉に対して施術をします。
筋肉が正常に働くことができれば、 本来持つ役割(関節を動かす)を取り戻し、
「痛み」は劇的に解消されます。

分離症・すべり症とは?

分離症・すべり症

分離症とは腰椎(腰の骨)の椎弓という部分が骨折している状態のことを言います。
すべり症とは腰椎がずれて神経を圧迫している状態のことです。どちらも先天性と後天性のものがあり、痛みがなくてもたまたまレントゲンを撮ってみると発見されることもしばしばあります。

後天性の場合は、スポーツなどで酷使していると発症することが多いです。

本来は、骨や関節に負担がかからないように筋肉が守ってくれているのですが、 何らかの原因で筋肉が働けない状態になり、 骨に負担がかかることで分離症・すべり症が起こりやすくなっていると考えられます。

小波津式神経筋無痛療法は、 神経の特性を利用して、本来の動きができなくなった筋肉に対して、施術をします。 筋肉が正常に働くことができれば、 本来、持つ役割(骨を守る)を取り戻し、血流は改善され、 怪我や不調そして「痛み」は劇的に解消されます。

※血流が良くなることにより、骨の早期修復の効果も期待できます。

分離症・すべり症
予約
電話予約
ネット予約
営業時間
LINE
アクセス
ブログ
岸和田本院リンク
メディア掲載
スポーツ選手著名人
代表挨拶
野球肘施術前
野球肘施術後
変形性膝関節症施術前
変形性膝関節症施術後
右肩の症例施術前
右肩の症例施術後
治療メニュー
野球肘・野球肩
肩の痛み
膝痛・変形性膝関節症
腰痛
首の痛み・頭痛
交通事故
神経筋無痛療法
menu
LINE
予約